うきはテロワール プロモーションアーカイブ

平成29年度 プロモーションアーカイブ 平成29年度
プロモーションアーカイブ

【事業概要】
うきは市におけるブランディング(うきはブランド)を確立させるため、過年度においてフルーツ王国と呼ばれる所以を調査した『うきはテロワール』並び歴史的資源の豊富さを視点に調査を行った『うきはテロワール(歴史)』を基に“うきは”という地域ブランドの認知度向上さらには推進、定着を図るためのプロモーションを行うもの。

【事業名】
うきはテロワールのシンボルマークの開発と展開

画像:うきはテロワールシンボルマークパターン
内容
日本でも非常にめずらしい地質・地形を有している、うきは市。その地形の特徴である扇状地。大きく8箇所の扇状地が複合扇状地を形成している土地の特徴を、シンボルマークで表現しました。シンボルマークの形状は、うきはに数多く残る古墳の壁画をも表現しています。さらに、テロワールの生育地の3つの特徴「地理・地勢・気候」を、3つの輪で表現。カラーは、金色を連想させる黄土色で、うきはの豊かな土地と農作物を想起させるとともに、日本でも稀な地形・地質の希少性を金色で表現しました。

【事業名】
「うきはテロワール」の実体験による交流促進

写真:「料理通信」内の記事
写真:「料理通信」内の記事
内容
「うきはブランド」を最も強力な伝達手段であるクチコミによって徐々に認知拡大させるため、また、将来的には参加者に「うきはアンバサダー」になってもらうためのスタートイベント「うきはMEETUP 2017」を開催。とりわけ食に関心の高い「食べ手」(一般生活者)に「うきはテロワール」を実際に体感。
  1. 交流と発信
    シェフがうきは市を訪問し生産者の皆様と交流、メディアブランド「料理通信」のタイアップ企画として、食に関心の高い人々に情報発信&うきは食材の魅力(付加価値)向上(「うきはMEETUP 2017」の事後レポートも掲載し、再度の情報発信も)
  2. うきはの食の実体験(うきは市にて開催)
    実際に現地を訪問したシェフがうきはの食材を使った料理を振る舞い語る「うきはMEETUP」を開催
  3. うきはの食の実体験(東京都内想定)
    「うきはMEETUP」終了後、シェフの実店舗にて1ヶ月間、「うきはテロワール」レシピをメニューオン展開
場所
メディアブランド「料理通信」※冊子およびウェブサイト
[料理通信/掲載画像]PDF

【事業名】
うきはテロワール公式サイトの制作

内容
うきはテロワールを伝える情報発信交流の場『うきはテロワール』サイトを制作。うきはテロワールを説明する上で大切な定義や説明動画を用意しました。
  1. うきはテロワール紹介
  2. うきはの写真を集約する「場」
場所
うきはテロワール公式サイト